インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】医療事業会社Kさん|理想の条件が揃った会社へ入社もわずか1日勤務で退職を決意!スピード退職のその後はいかに

Kさん(20代・女性)は医療事業会社を退職した。
会社に勤務した日数は1日とのこと。
素早い退職の決断の裏にいったい何があったのか? 退職後の転職は? 詳しい話を聞きました。

ざきおか

退職された会社に勤められるまでの経緯をお聞きしてもよろしいですか?

Kさん

前職は福岡でインストラクターをしていましたが、3年半勤めて飽きてしまいました。
住むところを変えて、友人も多い東京を中心にした新しい生活を始めようと、4月から2週間ずつ毎月東京に来て、求人を探しました。

ざきおか

インスタラクターに飽きてしまったということですか?それとも福岡の暮らしにですか?

Kさん

どっちもですね。
仕事で得られることにも限界があり、これ以上続けても新しいことは学べないと考えました。最初に転職を考えたきっかけです。

ざきおか

求人はどういった点を重視して探されましたか?

Kさん

もともと医学生で、留学経験もあったので、その経験を活かせればと医療と海外というワードで絞り調べました。
その中で海外医療事業部というのが会社内にあるということで、良さそうだなあと思って入社したのが今回の会社です。

ざきおか

確かに海外医療事業部と聞くと、まさにKさんが仕事へ求める要素を全て兼ね備えている環境であるように思えます。

そんな理想の会社に入社したにもかかわらず、たった1日で退職をしようと考えたのはなぜですか?

Kさん

そもそも、採用面接のときに会社の人から仕事内容はテレアポ系のデスクワークだと説明を受け不安に思いました。
というのも、インストラクター時代の主な仕事はエクササイズのプログラムを売るという、いわゆる外営業の動き回る仕事で、じっと座って電話をかけ続けるというのは向いてないと思ったからです。

ざきおか

確かに以前のアクティブなお仕事とは対照的ですね。

Kさん

そのことをその場ですぐに伝えると、外営業の仕事を今後作る予定なので問題はないと言われました。さらに、海外事業部なので海外赴任は入社してすぐにありますとも説明されました。

ざきおか

であれば特に疑問や不満なく話を進めますよね。

Kさん

そうなんです。そうして入社し、配属された先は6人しかいない小さな事業部でした。
その同僚たち全員から、海外へ行きたいと入社したのに海外へ行かせてもらっていない、テレアポはもう1年以上やっているという話を聞きました。

あれ、私の仕事テレアポだったっけと思いました。

ざきおか

面接で受けた説明と現場の方から聞いた実際の状況がどうにも合わないと。

Kさん

とりあえず初日からテレアポの仕事を始めました。
ただ、もう就業開始から2時間で辛くて辛くて……

過去海外に赴任できた方で一番早い人だとどれくらいかかったのか同僚に聞いてみると、早くて2ヶ月と言われました。
今できないテレアポを1週間も続けられないと考えていたので、翌日の休日は退職についてすごく悩みました。

ざきおか

事前に聞いていた待遇が違う。おまけに仕事を実際にしてみて、仕事内容との自身のミスマッチを酷く痛感されたというところですよね。
退職について悩まれた原因は、やはり勤務してまだ1日しか経っていないという点ですか?

Kさん

そうですね。
心の中ではすごく辞めたいという気持ちと同時に、1日で辞めると会社へ言えるかどうかという考えがせめぎ合っていました。
その結果、なにか良い考えはないかと一生懸命調べて見つけたのが退職代行でした。

ざきおか

そこで調べてはじめて退職代行というサービスを知ったんですか?

Kさん

父の雇っている弁護士さんから、最近はそういう代行やサービスを利用する人が結構多いと話を聞いたことはありました。
その時はそうなんだぐらいにしか思っていませんでしたね。

ざきおか

記憶の片隅で覚えていて、そこから調べられたという流れですね。

Kさん

退職代行にたどり着くまでにいろいろと調べていくなかで、やっぱり1日の勤務で、自分から辞めることを切り出すなんて無理だと思いました。

ざきおか

会社の仕組みとして認めてもらえるのかということや、引け目からそう考える人は多いと思います。
その後弊社へ依頼し退職をされたわけですけれども、今は何をしているんですか?

Kさん

出版社で雑誌の企画、広報、営業を担当しています。
たまたまその雑誌に関係するイベントで出店しているのを見かけて、気になって受けてみたら受かりました。

ざきおか

ふとしたきっかけだったんですね。

Kさん

小さい会社なんですが、面接のときから社長さん含め社員の方同士がすごく仲がよさそうで、入社してからも面接で受けた印象ままの温かい人間関係の職場でした。
風通しがよく、入れて本当によかったと思います。

忙しい職場ではありますが、やりたいこととマッチしているので私は気にならないです。

ざきおか

Kさんとしては明るい職場というのも大事な要素ですか?

Kさん

性格上そうですね。
硬い感じはないので営業は直行直帰できますし、ビーチサンダルで仕事に行くこともあります(笑)
自由といえば自由です。

ざきおか

非常に柔軟ですね。Kさんと相性のいい会社さんへ入社できたようでなによりです。

Kさん

シェアハウスに住んでいるんですけど、同居人からも「絶対に辞めてよかったじゃん」「そんな会社なかなかないよ」と言われました(笑)

ざきおか

結果的にKさんの周りにいる方も、即決した退職の判断が正解だったと思われているんですね。

それでは最後に、退職という正解を選ぶことが出来たKさんから、以前のKさんと同じ様に退職について悩んでおられる方々へメッセージをお願いします。

Kさん

「辞めたい」って「疲れた」と同じぐらい言っている人って多いです。
お金を払ってでも辞めたいか、明日すぐにでも辞めたいかというのが、本当に辞めたいと思っているかどうかの基準として私の中にはあります。

海外だと転職をしていた方が、よりスキルが磨かれていて良いという考え方もあります。
そういう意味では辞めるってことに対して、もっとハードルの低いものだと捉えて大丈夫だと思います。

ざきおか

日本だと特にその考え方ができずに苦しんでいる人が多いです。

Kさん

辞めたから悪いとか、1ヶ月もいなかったから次の転職に響くとか、そういうのはないんじゃないかなと思います。偏見ですよね。

今は社会的に人手不足ですし、どこかに自分にぴったりの会社があると思います。

まとめ

すぐに退職を決意して弊社へ依頼し、今度こそ理想の職場で働くことができたKさんに今回は話を伺いました。

Kさんのように働いて1日目で、ずばり自分がこの仕事を今後続けられるかどうかがわかる、勘の鋭い人は多いと思います。
その鋭い人たちの全員が、自分で退職を2日目に切り出せる。
そんな未来になるまで、EXITは退職を希望する人へのサポートを続けていきます。

インタビュアー:ざきおか

23歳。前職はIT系。EXITを利用して前職からのEXITを試み、そのままEXITに入社。

ライター:竜飛岬りんご

EXIT社員。小説、アニメ、漫画、映画、ゲームが好きです。稚拙ながらこれからも頑張ります。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ