インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】人材紹介業Sさん|人事担当から退職代行!若くして寄せられる期待と課せられるプレッシャーに思い悩む日々から早く開放されたかった

大学を卒業後、人材紹介の会社に勤めたSさん(20代、男性)は営業担当の仕事を1年ほど任されるが、突如人事担当への異動辞令が出る。引き受けはしたものの、若手からの起用は珍しく期待を寄せられる反面、のし掛かるプレッシャーに悩む日々。そんなある日に積み重なったストレスが爆発してしまい、退職を決意。一刻も早く退職をしたかったことから退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切る。

ぶりゅー

Sさんはどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

Sさん

人材紹介の会社で働いていて、最初は営業をしていましたが1年働いた後に人事担当の部署へ異動しました。

ぶりゅー

入社した時の会社に対する印象は思い描いていた通りでしたか?

Sさん

思い描いていた通りだったところとそうでないところがありました。今回退職した職場は「成長」を謳っている会社だったのですが、その方針を守るかのように働く人はバリバリ働いていました。来るお客様も年代や経歴は様々ですし、企業に対しても営業をする業種の範囲に制限はなかったので本当に色々な人と関わることができる仕事でした。

ぶりゅー

逆にイメージと違っていたところはどんなところでしょうか?

Sさん

商材が人である以上、仕事をするうえでのノルマがあるとどうしても人を商品として見てしまうことがありました。仕事選びはその人の人生を左右するものなので見つかるまでのサポートをする仕事である一方、どうしてもノルマを達成するためにお客様を無理に説得したり、急かさなければならない現実があることには驚きました。

ぶりゅー

具体的にどんなお仕事をされていたのでしょうか?

Sさん

営業担当の時は求職者と企業の間に立ってお互いを結びつける仕事をしていました。企業側には今会社に人が足りているかを伺ったり、求職者には希望する条件を聞いて理想に近い求人を紹介するような仕事をしていました。あとは無事に就職先が決まった人たちが辞めないように企業へ業務改善を促したり、求職者の悩みなどを聞くメンタルケアをすることもありましたね。

ぶりゅー

その仕事を1年ほどされて人事部に異動されたわけですね。

Sさん

人事部では新卒の採用担当をしていました。仕事内容は一般的な人事担当をイメージしていただければその通りですが、面接をしたり採用計画に基づく社員の募集、就職フェアや会社説明会の準備や実施、内定後の事務処理などの仕事をしていました。

ぶりゅー

人事部への異動はSさんが希望されたうえでの異動だったのでしょうか?

Sさん

いえ、私自身希望は全くしておらず急に辞令が出たので驚きましたよ。採用担当はとても責任のある仕事なので最初はとても不安でした。

ぶりゅー

異動されてみてどうでしたか?

Sさん

辛いこともあれば楽しいこともありました。説明会の際に自分がした説明や対応が決め手になって面接を受けに来てくれる就活生がいると、今までやってきたことの成果が目に見えるので嬉しい気持ちになりましたね。

ぶりゅー

人事部に異動されてから退職代行を利用されていますが、何かあったのでしょうか?

Sさん

人事の仕事が上手くいかなくなってしまったのがきっかけです。今回退職した職場は大手の会社だったことからかなり目上の方や偉い方と接する機会がありました。若手ながら人事部へ起用されたことは非常に光栄でしたが、あまりない事例だったので同時に重荷でした。大きな重荷を抱えながら仕事が上手くいかないとストレスに感じることが多く、それが最終的に爆発してしまって退職を決めましたね。

ぶりゅー

確かに大きな期待は時としてプレッシャーに感じてしまうこともありますよね。

Sさん

プレッシャーに感じている時に自分が今まで頑張ってきた仕事や、些細なミスをした時に受ける上司からの叱責をだんだんとストレスに感じてきてしまい、最後に爆発しました。
塵も積もれば山となるということわざが当てはまる出来事でしたね。

ぶりゅー

ストレスが爆発してしまった瞬間は何かあったのでしょうか?

Sさん

詳しい内容まではもう覚えていませんが、朝に大激怒を上司からされて爆発したのは覚えています。その時に退職を決意し、昼ごはんを食べながらEXITに問い合わせて翌日の朝にはもう依頼していました。

ぶりゅー

急な決断だったかと思いますが誰かに相談や退職の申し出はできてないですよね。

Sさん

急だったので誰にも話をしていません。お世話になった前の部署の上司や同期、両親への報告はEXITに依頼した後に話をしたので事後報告になってしまいました。

ぶりゅー

あまり退職について調べている時間もなかったかと思いますが、EXITの退職代行サービスは退職を考え始める前から知っていたのでしょうか?

Sさん

私が営業担当をしていた時に他の店舗の社員がEXITを利用したという話が話題になっていました。あまり他の退職代行業者について調べてられる時間もなかったことから、同じ会社で利用して無事に退職できた事例があるなら任せても問題ないであろうと感じてEXITにお願いしました。

ぶりゅー

利用されてみた感想はどうでしたか?

Sさん

ある程度のお金を払ってでも早く退職したかったのですが、それが叶ったうえ残っている有給も使えたのでよかったと思っています。社宅の引っ越しや退去手続きなどはやることが多くて大変でしたが無事に終わることができてよかったですね。

ぶりゅー

無事に退職を迎えられたようで何よりです。

ぶりゅー

退職された後はどんなことをされていたのでしょうか?

Sさん

退職自体が急な決断だったのですぐに転職活動を始めました。せっかく人事の仕事をしていたので人事関係の職種で探そうと思っていましたが、コロナウイルスの影響で最初から求人にある職種が絞られてしまっていてあまり幅広く見ることができませんでした。このご時世に人事担当を採用しようなんて会社はないので、絞られた職種の中で次に興味のあったITのベンチャー企業で面接をしたら内定が出ました。

ぶりゅー

ITは最近よく耳にする職種ですが、働いてみてどうですか?

Sさん

私の会社は基本的にリモートワークで、時々出社する勤務体制をとっていることからとても働きやすいと感じています。もちろん未経験の仕事なので新たに覚えなければならない仕事や専門用語は膨大ですが、ベンチャー企業ということもあって社長や社員同士の風通しもいいので前よりも見違えるほどにいい会社だと思えていますね。

ぶりゅー

とてもいい会社と出会うことができたようで何よりです。

Sさん

前の会社で叱責を受けていた時は納得のいかない指導だったり、後から考えても腑に落ちないまま終わってしまうことが多かったです。しかし今の職場では指導の仕方も論理的に行っていただけるので自分が間違っていることをした時には納得のいく指導をしてくれますし、気になるところがあれば気軽に質問もできます。本当に転職してよかったですね。

ぶりゅー

最後に読者の方へメッセージをお願いします。

Sさん

仕事に対するモチベーションが無くなってしまって辞めるか続けるか悩む時期はあるかと思いますが、退職した先の人生に不安を感じて踏み出せないならばなるべく悩む時期を無くした方がいいかと思いますね。自分が会社に対して嫌だと思ったポイントをちゃんと理解したうえで退職すればなんだかんだで思い切った決断をしてもどうにかなります。悩んでいる間にも時間は過ぎ去っていくので後悔する前に決断をした方がいいですね。

まとめ

期待を寄せられる反面、のし掛かるプレッシャーにストレスを感じ続けて退職を決意したSさんに今回は話を伺いました。
期待されることはとても素晴らしいことですが、時としてプレッシャーに変わることもあるので人によって受け取り方は様々です。
もし寄せられる期待が大きすぎて、どうしてもプレッシャーに耐えきれない方がいらっしゃいましたら一度退職代行EXITへご相談ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。体を洗う時、必ず右足の太ももから洗う派です。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ