インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】貿易会社勤務Kさん|社員を第一に考える会社のはずだったのに。会社が動かないならば自分がいなくなってしまおう

2度の退職を経験したKさん(20代、男性)は今まで培ってきた事務仕事の経験を活かすことができる職場を探していたところ、経営方針に圧倒され今回退職した職場に入社することを決める。しかしその後、1人の絶対的な上司から精神的に追い詰められるまでのパワハラを受けて限界を迎えたKさんは退職を決意。そのまま退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切った。

ぶりゅー

早速始めさせていただきます。以前勤めていたのはどのようなことをされている会社だったのでしょうか?

Kさん

車の輸出を海外へ行う会社でした。海外へ車を輸送するにあたって必要なことを全て請け負っていました。

ぶりゅー

その職場に入社することを決めたきっかけはありますか?

Kさん

事務仕事が希望で職場を探していて、様々な求人を見ていた時に今回退職した職場のホームページに目が留まりました。

ぶりゅー

何か惹かれる部分があったのでしょうか?

Kさん

会社の経営方針として社員の幸せを第一に考えているというような内容の文章がいくつか並んでいました。経営方針を読んだだけで圧倒されたほどだったので、この会社はきっと働きやすい環境だと思って応募したのが入社のきっかけです。

ぶりゅー

なぜ事務仕事を希望されていたのでしょうか?

Kさん

もともと事務仕事の経験があったからです。退職は初めてではなく3回目の退職となります。初めて勤めた会社は地元の工場で3年ほど働きました。次の会社は派遣会社で事務の仕事を数年やっていました。

ぶりゅー

今まで勤めた会社を退職された理由はなんでしょうか?

Kさん

1社目は会社の業績が非常に悪くなったからです。そのことが原因でもともとあったボーナスも出なくなり、先行きに不安を感じて退職を決めました。
2社目は人間関係のトラブルがあって精神的に辛くなってしまい退職しました。

ぶりゅー

2度目の転職活動で今回退職した職場へ入社されたわけですね。

Kさん

2社目で培った経験を活かせる仕事がしたくて入社しましたが、実際の残業時間に驚きました。求人では10時間以内と記載があり、面接の時は残業は多くても10時間以内と言っていました。しかし入社してから2ヶ月を過ぎたあたりから徐々に増え始め、最終的には多くて80時間くらい残業する月もありましたね。

ぶりゅー

言われていた残業時間よりも8倍多いのはさすがに驚きますね。

Kさん

会社も残業が多くなっている現状に対して改善する動きはなく、所属先のマネージャーに関してだけは定時になったら即帰宅していました。いつも定時に帰ってしまうので残業する社員がタイムカードを切って働くこともある現状を知っているのか疑問でしたし、もし知っているならばなぜ改善を図らないのかとても不思議でした。

ぶりゅー

確かにそれは体力的にも辛いですね。

Kさん

社員の幸せを思う経営方針に魅力を感じて入社したにも関わらず、全く意味を成していない状態でしたね。とても幸せとは程遠かったです。

ぶりゅー

残業が多くなっている状況の中でも仕事をしていて嬉しかったことはありますか?

Kさん

時々日本に住んでいる方が海外へ引っ越すために今使っている車を輸送する依頼を受けることがありました。一般のお客様は車の輸送について何も知らない方が大半なので、できる限り分かりやすくサポートをしながら最後に感謝の言葉をいただいた時は人の役に立っている実感がありました。

ぶりゅー

Kさんはどんな仕事をされていたのでしょうか?

Kさん

自分が担当している国へ車を輸出するために必要な業務を行っていました。必要な書類を発行したり、それをもとに輸出先の国へ何台輸出するかを送ったり、車を一台づつ検査するための手配や輸出先の国に送った台数通りになるよう車を港まで運ぶ業務もしていました。

ぶりゅー

業務をするうえで心がけていたことはありますか?

Kさん

各国の輸送先によって特徴があり、私が担当していた国は港に着いた後のチェックに厳しい国でした。特に虫や落ち葉、蜘蛛の巣などがあったりすると相手の船会社が受け付けてくれないということもありました。また、私が担当していた国は輸出台数も他の国に比べて多い分確認する台数も増えるので、港に着いた後、受け付けられない車になってしまうことがないよう気をつけていました。

ぶりゅー

なぜ退職を考え始めたのでしょうか?

Kさん

マネージャーからのパワハラに悩まされたからです。直属の上司にも相談しましたが、その上司よりも上の役職がマネージャーになるので具体的に解決の方向に進んでいくことはなかったです。おそらくマネージャーに言ったとしても上司自身がターゲットになることが怖かったんでしょうね。

ぶりゅー

どんなパワハラを受けていたんですか?

Kさん

直接手が出る暴力的なパワハラはありませんでしたが、精神的に追い込まれていました。主に罵声や叱責ですね。私が知らない作業についての質問にも答えてもらえず、なんとか自分の力で終わらせたとしてもチェックしてもらう時に30分くらい文句を言われることもあったので非常に困っていました。

ぶりゅー

それはとても辛いですよね。

Kさん

他の社員にも同じことをしているならまだしも、私にだけ集中攻撃していたので辛かったです。直属の上司に相談しても同情されたり中身が薄い励ましの言葉をかけられるだけ終わっていたので意味がなかったですね。会社が変わろうとしないならば私がいなくなるしかないと思って退職を決意しました。

ぶりゅー

それは賢明な判断だったかと思います。

Kさん

私が勤めていた2年くらいの期間中でもマネージャーが原因で退職した人は少なからず3人は見てきているので、そんな現状に会社も慣れていたのかと思います。そんな時に退職代行サービスがあることを知って、退職代行業者のまとめサイトなどを調べたらEXITの評判が良かったので問い合わせをしました。

ぶりゅー

利用前に不安な気持ちはありましたか?

Kさん

初めての利用だったことから不安な気持ちはあったので、気になったことはLINEで問い合わせていただきました。担当者の対応もよく、気になったところを細かく教えてくれ安心できたのでそのままお願いしました。

ぶりゅー

安心した状況でご利用いただけたならば何よりです。

Kさん

利用中もストレスになるような連絡もなく、郵送で手続きを終了することができたので本当に利用してよかったと感じています。幸いにもストレスなく退職することができましたが、万が一連絡があったとしてもEXITが内容の確認をしてくれることを依頼前に確認していたので安心して退職を迎えることができました。

ぶりゅー

現在、3度目の就職活動はどんなことをされているのでしょうか?

Kさん

今までは次の転職先を決めてから退職していましたが、限界を迎えていたので今回は初めて何も先のことが決まってない状況での退職でした。しかしそのおかげで次のことをゆっくり考える時間を取ることができているので今はパソコン関係の資格勉強をしています。

ぶりゅー

どんな状況でもプラスに考えていくことは大切ですよね。

Kさん

確かに先行きを不安に感じることもありますが、自分のスキルアップを図るために貯金を切り崩しながら生活しています。もし資格を取ることができたら技術を身につけて自分で仕事を選ぶことができる人間になりたいですね。

ぶりゅー

EXITもKさんの新しい人生を全力で応援します!最後に読者の方へメッセージをお願いします。

Kさん

パワハラは精神的にとても辛いですし耐え続けることは難しいです。自分で行動できる方はいいですが、そうでない方は私のように退職するのも1つの手段です。私は退職をきっかけに追い込まれた状況から抜け出して色んな世界を見ることができました。先が決まってない状況では不安に思う気持ちもあるかと思いますが、心身を第一に行動してほしいですね。そのうえで退職代行サービスが必要だと感じるならば私からも利用を勧めたいです。

まとめ

マネージャーからのパワハラに悩まされ、上司に相談しても動いてもらえず、会社が動かないならば自分で退職する選択をしたKさんに今回は話を伺いました。
職場での悩みを相談しても具体的に解決しなかったりうやむやにされて終わってしまうこともあるかと思います。
もし会社が解決を図るために動いてくれず、1人で悩んでいる方がいらっしゃいましたら退職代行EXITへ一度ご相談ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。体を洗う時、必ず右足の太ももから洗う派です。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ