インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】アパレル業Kさん|未成年からの退職代行!時には逃げることも大切である。Z世代の大きな決断とは

美容系の学校進学を目指すも、金銭的な事情から就職を選択したKさん(10代、女性)は昔好きだった洋服のブランドを扱っているアパレル会社へ新卒として入社。しかし、働いたお給料で会社の洋服を買わなければならないうえ、仕事のモチベーションが下がってしまったKさんは退職を決意。上司に退職を掛け合ったものの、退職できるのは3ヶ月後と言われたKさんはこれ以上の勤務を続けることが難しいと感じ退職代行EXITの利用に踏み切る。

ぶりゅー

早速始めさせていただきます。以前の職場に勤めるまでの経緯を伺ってもよろしいでしょうか?

Kさん

今回退職した職場は高卒での入社でした。最初は美容関係の仕事に興味があって求人を探していましたが、高卒での求人はなかなかありませんでした。担当の先生と話し合った結果としてアパレルであれば求人もあるとのことで、いくつかある求人を見ていました。その中でも昔好きでよく買っていた洋服を扱っている会社だったことから、興味を持ったので選びました。

ぶりゅー

なぜ進学という選択肢もありながら就職という決断をされたのでしょうか?

Kさん

もともとは大学への進学希望でした。しかし大学に通うとなった場合、家庭の事情で奨学金を借りなければいけませんでした。今後を見据えた時に遊んで大学生活を過ごしてしまい、卒業後に借金として奨学金を背負うのならば就職した方がいいのではないかという結論に至り、就職を選択しました。

ぶりゅー

専門学校への進学は考えませんでしたか?

Kさん

もちろん考えました。確かに学費は大学よりも在籍期間が短い分安くなっていますが、専門学校は道具や試験料など学費以外のところでお金がかかるという情報を耳にしました。専門学校への進学も選択肢のひとつとして考えていましたが、現実的に考えると就職の方がいい結論になりましたね。

ぶりゅー

今回退職された職場の洋服が好きでよく買われていたそうですが、入社してみて驚かれたことはありますか?

Kさん

働き出す前にもっていたイメージは、女性しかいない職場でいまいち折り合いが合わない環境でした。ですが私が配属された職場の雰囲気は良かったです。ただ、仕事になるとお客様や売り上げの取り合いだったので、いい意味でも悪い意味でも緊張感を持ちながら働くことができた職場でした。

ぶりゅー

具体的にどういったお仕事をされていたのでしょうか?

Kさん

一般的なアパレル業と大きく変わることはなく、接客やレジなどがありました。あと開店前は掃除や「トレーニング」という指定のお題や服に沿った服をコーディネート作る時間もありましたね。

ぶりゅー

仕事をしていて大変だったことはありますか?

Kさん

裏作業が大変でした。決まった曜日に段ボールで新商品などの服が届くので、それを在庫棚に運んだり、他の店舗で足りない洋服を発送したりという作業がとても大変でした。営業時間中でも一人で一日中裏に籠もって作業するので精神的にも大変でした。

ぶりゅー

逆に嬉しかったことや楽しかったことはありますか?

Kさん

自分の担当したお客様が前に買った洋服を着て来店してくれた時や、デートのコーディネートをお客様と一緒に決めて成功した話を聞くと嬉しかったですね。接客は雑談を交えてしていたので、一人ひとり違った話を聞くことが出来てとても好きでした。

ぶりゅー

退職を考え始めた理由はなんでしょうか?

Kさん

1つ目はお給料の低さです。勤務中に着る洋服は今お店に出ている洋服しか着られないという決まりがありました。商品の切り替えは頻繁にあるので買ってもすぐに着られなくなります。社員割引があるといえ、毎月洋服を買わなければならないのは苦痛でした。私自身がプライベートで好んで職場の洋服を着ていたのも昔の話なので、家に着ない洋服が溜まっていくのは苦痛でしたね。一人暮らしもしていたので、生活がギリギリでした。

ぶりゅー

2つ目の理由はなんでしょうか?

Kさん

接客のモチベーションが下がってしまったことです。家にだんだん溜まっていく洋服を見ていると、とても無駄な使い方をしていると感じるようになりました。お客様に対して思ってないことを伝える接客をせず、正直に感じたことをお客様に伝える接客をしていた私にとって、自社の洋服を好きになれないことは致命的だと思いました。100%の接客ができないことはお客様にとっても私にとっても許しがたいことでした。

ぶりゅー

仕事に対するモチベーションが下がってしまうと意欲も失われていきますよね。

Kさん

そうですね。毎月決められたノルマが一人ひとりに設定されており、休みの日も毎日売り上げの連絡が社内SNSにありました。モチベーションが下がると成績に響き、その成績を社内SNSで見て更にモチベーションが下がってしまうループに陥っていたので、金銭的にも精神的にも続けていくことが難しいという結論に至りました。

ぶりゅー

退職を決めてから周りの方へ相談されましたか?

Kさん

まずは3年ほど先輩の方に相談しましたが、引き止められました。先輩には私と同じくらいの時の経験談を交えながら絶対に辞めさせないと言われてしまいましたね。後日先輩に相談したことが店長へも伝わり、店長から話がありました。退職の話はそのまま進みましたが、3ヶ月はいてほしいと言われました。当時の精神状況から考えて3ヶ月間も職場に行くことは苦痛でしかなかったことから退職代行サービスの利用を決めましたね。

ぶりゅー

友人には相談されましたか?

Kさん

卒業後は進学している人が大多数で、休みも合わなかったことからあまりちゃんとした相談をすることはありませんでした。正社員の退職について話ができそうな人もまだ周りにはいなかったので、友人に相談できるような環境ではなかったですね。

ぶりゅー

様々な退職代行業者の中から退職代行EXITを選んでいただいた理由はなんでしょうか?

Kさん

当時は精神的にも余裕がなく、とにかく何かにすがりたいという気持ちの一心でした。他の退職代行業者も少し見た記憶はありましたが、退職代行で検索するとEXITが一番上に表示されていて、実績やメディア露出度もある程度あったことからそのまま利用しました。

ぶりゅー

選んでいただきありがとうございます。実際に利用をされてみていかがでしたか?

Kさん

分からないことがあっても素早く回答してもらえたので、利用できてとてもよかったと感じています。本社の方から退職手続き上必要な連絡はありましたが、SNS上でのやりとりならば私自身でも対応可能だったのでそのまま連絡を取り、スムーズに手続きを終えました。

ぶりゅー

退職代行サービスが知れてきている現状もあって、スムーズにご対応いただける会社が多いです。

ぶりゅー

EXITを利用して退職した後、現在は何をされているのでしょうか?

Kさん

退職後は精神的な治療に専念していました。今は正社員にこだわらず、雑貨屋でアルバイトをしながら生計を立てています。

ぶりゅー

正社員で今後働いていくことは今考えていませんか?

Kさん

そうですね。今の職場の方が前の職場よりも手元に残るお金は多いので、今は正社員になることを考えていません。シフトの融通もアルバイトならば効きますし、また正社員として働きたい時や求人があれば考えたいと思っています。

ぶりゅー

最後に同じような状況の方へメッセージをお願いします。

Kさん

確かに1つのことを続けていくことも素晴らしいことですが、それに固執し続けるのはよくないです。退職しただけで死んでしまうほど人生簡単なものではないですし、精神的に辛い状況の中働き続けていく方がよっぽど辛いと思うので、逃げたい時は逃げることも大切であることを実感しました。同世代や退職を考えている人にもぜひ伝わればいいと思います。

まとめ

社販で売られている洋服を買わなければならないことが原因で金銭的にも精神的にも疲弊し、退職を決意されたKさんに今回は話を伺いました。
世代を問わず、退職を考えている方から多くの依頼を退職代行EXITは受けます。
もしこの記事を読んでいらっしゃる方の中にも退職を考えていらっしゃる方がいれば、一度退職代行EXITへご相談ください。

※未成年の方からのお問い合わせは保護者の方の同意があるものとして対応させていただいております。詳しくはこちらを御覧ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。体を洗う時、必ず右足の太ももから洗う派です。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ