インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】アパレルメーカー勤務Iさん|退職代行当日に会社が倒産!?倒産せざるを得なかったほど業績が悪化してしまっていた状況とは

最初は事務の仕事をしていたIさん(20代、男性)だったがもともと目指していた部署に異動できないことを知った際に転職。その後、大学に通っていた時の経験を活かすためアパレルメーカーに入社。しかし会社の業績悪化が原因による薄給に不満を感じたIさんは退職を決意。自身での対応が難しいと感じられたIさんは退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切るも、利用後に衝撃の事実を知らされることになる。

ぶりゅー

早速始めさせていただきます。今回退職された会社はどのような事業を行われている会社だったのでしょうか?

Iさん

レディースのアパレルメーカーでした。婦人服や雑貨の製造、卸売、販売を行っている会社でした。

ぶりゅー

そうなんですね。今回退職された職場に勤めようと思われたのはなぜでしょうか?

Iさん

今回退職した職場に勤める前は正社員として事務職の仕事をしていました。しかし仕事をしているうちに退職を考えるようになり、大学へ通っていた頃に勉強していたファッションの仕事に興味を持ち始めたのがきっかけでした。事務職で働きながらファッションの業界に絞って転職活動をしていたところ、今回退職した職場から内定が出たので入社しましたね。

ぶりゅー

事務職の仕事はなぜ退職を考え始めたのでしょうか?

Iさん

その会社では総務や秘書業務をしていましたが、もともとは営業や広報志望で入社しました。最初は事務の仕事でもゆくゆくは希望の職種に就くことができるというお話でしたが、会社の業績が良くなったことが原因で事務仕事が専任制となりました。そのことから希望の部署に異動できなくなったので退職を考えるようになりました。

ぶりゅー

会社の業績が良くなったことで退職を考え始められるのはめずらしいですね。

Iさん

そうですね。その会社では1年ほど働きましたが、事務仕事は私の性格的にも合わないと感じていました。そのことから1日でも早く部署異動したいと考えていましたが、できなくなってしまっては会社にいる意味もないのでモチベーションが下がっていましたね。

ぶりゅー

そうなんですね。それでは、転職してアパレルメーカーに入社する前と後で何か驚いたことなどありませんでしたか?

Iさん

入社前に少しアルバイトを経験していたことから、ある程度会社の雰囲気などが分かったうえでの入社だったので、大きく驚きを感じたことはありませんでした。

ぶりゅー

Iさんが任されていた仕事は具体的にどのようなことでしょうか?

Iさん

基本的には会社が管理している直営店の管理と卸売の営業を行っていました。直営店の管理としてはいくつかある店舗の商品展開、売り上げや店舗スタッフの管理などを行っていました。各店舗にいる店長と話し合いながら運営をまとめるイメージですね。営業は年に5回本社で開催される展示会へお客様を呼び込み、そこで商品をPRするのが主な仕事でした。

ぶりゅー

仕事をしていて楽しかったことはありますか?

Iさん

直営店の管理をすることはとても楽しかったです。もともとそういった仕事をしたくて入社していたので、自分の意見や行動によって売り上げが変わってくるところも魅力でした。

ぶりゅー

逆に大変だったことはありますか?

Iさん

主にテレアポが必要な卸売先の新規開拓が特に大変でした。会社の売り上げが落ち込んでいたので、既存のお客様よりも新規のお客様に対して力を入れていく取り組みをしていました。そのことからテレアポに時間を割いて仕事をしていましたがなかなか話を聞いてもらえなかったり、お断りされることが多かったです。テレアポをしても獲得まで繋がったお客様はあまりいませんでしたね。

ぶりゅー

それは大変でしたよね。

Iさん

そうですね。獲得に繋がらないことがほとんどだったので、その時間がもったいないと感じることもありました。それならもっといい広告や宣伝方法を考えるべきだと思いましたね。

ぶりゅー

退職を考え始められたのはなぜでしょうか?

Iさん

待遇面での不満が大きかったために退職を考え始めました。年々会社の業績が落ち込んでいたうえに、コロナウイルスの影響で会社の業績は危機に瀕しており、そのことから今までの給料よりも減給されることになりました。今まで賞与や残業代もついていない状況の中我慢をしていましたが、そのうえでの減給だったのでさすがに今後の生活的にも厳しくなってしまいましたね。

ぶりゅー

そこまでせざるを得ないほど業績が落ち込んだ状況だったわけですね。

Iさん

そうですね。入社前に賞与は業績が良ければ出るという話でしたが、実際にはこれほどの状況ですので支払われることを諦めていました。これは退職代行を依頼した後に知りましたが、偶然にも私が退職代行を利用した日と同時に会社も破産申請をしていたようでした。それほどまで悪化した状況だったようですね…。

ぶりゅー

私も退職先の顧問弁護士の方から、会社が倒産してしまったという連絡を受けて驚きました。

Iさん

結局退職手続きも会社都合での退職になったので、もう少し待っていれば退職代行を利用せずとも退職できていました(笑)倒産のことを知らなかったとはいえ、結果的には郵送で手続きが完結しましたし、すぐに退職したかった気持ちでいっぱいだったので退職の相談をできただけでも楽になりました。

ぶりゅー

少しでもお気持ちが軽くなったようであれば何よりです。数ある退職代行業者の中からEXITを選んでいただいたのはなぜでしょうか?

Iさん

他の退職代行業者のホームページも見たりはしましたが、EXITよりも値段が低い会社はいくつもありました。しかし、値段が安いだけにサービスの質が悪かったり追加料金を払わされるのは嫌だったので、実績や信頼感のあるEXITにお願いしました。

ぶりゅー

選んでいただきありがとうございます。初めての退職代行サービス利用にあたって不安な気持ちはありましたか?

Iさん

ありました。実施した後に直接出向いて手続きをしなければならないのかといった不安や、退職もできるのか不安に感じることはありました。最終的に利用しなくても退職できたとはいえ、退職手続き上必要な連絡事項を仲介してくれただけでもありがたく感じているので、利用してよかったと感じています。

ぶりゅー

不満や嫌な思いを感じることなく退職を迎えられたようならば何よりです。

ぶりゅー

EXITを利用された後、現在は何をされているのでしょうか?

Iさん

今は転職活動中です。会社都合での退職だったことから退職後そのまま失業保険の申請に出向き、ハローワークや転職エージェントを利用しながら頑張っています。

ぶりゅー

前回の転職活動はやりたかったことを重視して会社を探していたようですが、今回はどういったところを気にして転職活動をされていますか?

Iさん

やりたい仕事をやることも大切であることは分かりましたが、お給料や待遇面なども仕事のモチベーションに関わってくることを実感しました。今のところやりたい仕事は明確になっていないので、ひとまず会社の色々な面を見ていきながら自分に合った会社を見つけられるようにしていきたいと考えています。

ぶりゅー

最後に読者の方へメッセージをお願いします。

Iさん

今回は会社が倒産したというイレギュラーな対応でしたが、担当の方も焦ることなく対応していただき、スムーズに退職手続きが完結しました。もう少し待てば依頼するまでもなく退職できていましたが、サービスを利用したことで私の要望通りに全てが進みました。料金を支払っただけの価値を感じるほどのスピード感だったので、スムーズな退職を考えていたり退職を考えている方には積極的に利用してほしいと思いますね。

まとめ

以前から残業代や賞与が支払われない給料面に不満を感じているものの、会社の業績悪化が原因で更に減給をされることになって退職を決意したIさんに今回はお話を伺いました。
最終的にはイレギュラーな対応になってしまったものの、そのような事態へ発展してもスムーズに対応したEXITへ感謝の言葉をいただきました。
もしこの記事を読んでいらっしゃる方の中にもスムーズな退職や、ストレスのない退職を考えていらっしゃる方がいれば退職代行EXITへ一度ご相談ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。社会人の皆さん頑張りましょう!

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

アートボード 1

タグ