インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】不動産業Hさん|退職を重ねるごとに職場環境がよくなる!?会社に対しての申し訳なさから退職を決断した先の運命とは

もともとアパレルの仕事をしていたHさん(20代、男性)は低い給料に不満を持ち、転職を決意。その後お給料のいい仕事を求めて完全実力主義の不動産会社へ入社。しかし社内での人事異動をきっかけに、大きく職場環境が変わってしまったYさんは退職を決意。上司からは辞めないよう圧力をかけられてしまい、自身での対応が難しいと感じたので退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切った。

ぶりゅー

それでは以前の職場に勤めるまでの経緯から伺ってもよろしいでしょうか?

Hさん

今回退職した職場に勤める前は3年ほどアパレル関係の仕事をしていました。しかしその職場でお給料の低さに思い悩み、未経験でも仕事ができる不動産業界に興味を持ちました。今回退職した職場のお給料は固定給に加えてインセンティブがあり、自分の実力次第でお給料をいただけることに魅力を感じたので入社を決意しました。

ぶりゅー

転職活動時、他に興味を持った仕事はありませんでしたか?

Hさん

ありましたね。ですが当時の私は、仕事をするうえで大切なのはやりがいよりもお金だと感じていたので興味を持った会社の中でも1番お給料のいい会社を選びました。

ぶりゅー

入社前に描いていたイメージと入社後の現実でギャップはありましたか?

Hさん

あらかじめ業界の下調べをして覚悟は決めていたので、大きくギャップを感じたことはありませんでした。不動産業界でよく言われている長時間の勤務や、休みがない、実力主義などといったことはありましたね。ただ、優先事項がお金だった私にとってその現実が苦であると感じたことはなかったです。

ぶりゅー

それほどお金への執着が強かったんですね(笑)

Hさん

そうですね。アパレルに勤めていた頃は低賃金なうえに自社製品の購入を強制されており、何年経っても生活の質が上がらない状態が続いたのでそうなったのかと感じています。

ぶりゅー

アパレルから不動産の業界に転職されてどのくらいお給料が上がったのでしょうか?

Hさん

アパレルに勤めていた頃の2倍には増えましたね。

ぶりゅー

それはすごいですね!具体的にはどういったお仕事をされていたのでしょうか?

Hさん

法人向けの建築請負の営業をしていました。分かりやすく説明すると、会社の所有している土地で建物の建築をしてほしいという企画・提案の営業です。

ぶりゅー

法人に営業を行うなかで大変だったことはありますか?

Hさん

相手もプロであり、数千万円という会社の予算を使って建築を検討されるわけなので、とても慎重になります。そのうえでの交渉になるので、商談が素早く進むということは基本的にありませんでした。あと少しで成立するのに相手側の落とし所がなかなか定まらない時や、交渉が長期化して断られた時などは大変でしたね。

ぶりゅー

そうなんですね。逆に仕事をしていて楽しかったことはありますか?

Hさん

大変な仕事だけあって、頑張った分がお金として戻ってくるのはとても楽しかったです。アパレルに勤めていた頃に比べると大きく生活感も変わりましたね。

ぶりゅー

退職を考え始めた理由はなんでしょうか?

Hさん

退職前に社内で大きな人事異動があり、人も職場環境も変わってしまってしまいました。特に大きく変わったのは自分の所属しているチームで、終電を逃してでも働くことがありましたし、ミスをした時は上司から見捨てられることもしばしばありました。お金のためとはいえ、精神的に限界を迎えたので退職を考え始めましたね。

ぶりゅー

そうなんですね。

Hさん

自分では指示通りに仕事をしているつもりでもなかなか上手くいかない時があり、上司に呼び出されたことがありました。様々な叱責を受けましたがそれでも最終的には辞めるなよと引き止めをされ、精神的に限界を迎えました。このまま会社にいてもミスを続けるかもしれないし、会社にいることが申し訳ないと感じるようになったので退職を決意しました。

ぶりゅー

退職を決意されてからEXITを利用される前に何か行動はされましたか?

Hさん

利用前に友人には退職代行サービスを利用してみることを相談しました。友人からは、そういった会社は無くなるのが1番だけど、辛くて引き止めてくるような会社なら退職代行を利用してみるのも手段ではあるといった話を受けました。

ぶりゅー

EXITの退職代行サービスは何で知られましたか?

Hさん

職場内でEXITの退職代行サービスを利用して退職をした人がいるという噂を聞きました。また、偶然その噂を聞いた日と同日くらいに、EXITがテレビで特集されているのを見たので印象に強く残っていました。

ぶりゅー

様々な退職代行業者の中からEXITを選んでいただいた理由はなんでしょうか?

Hさん

退職代行といえばEXITの印象が強かったので、他に退職代行業者があることを知りませんでした。ただ、EXITを利用して間違いだったと感じたことはなかったので結果的によかったと感じています。

ぶりゅー

選んでいただきありがとうございました。利用される前に不安はありましたか?

Hさん

会社がどういった出方をしてくるのか全く分からなかったので、利用前に不安な気持ちはありました。

ぶりゅー

退職という非常に重要なお手続きでもあるので不安になる気持ちはありますよね。実際にサービスを利用されてみていかがでしたか?

Hさん

自身の口から退職を申し出るという1番できなかったことをEXITが行ってくれたのでありがたかったと感じています。EXITには伝えてませんでしたが、退職手続きについて会社とやりとりする機会がありました。しかし1番できなかったことのきっかけをEXITに作っていただいたので感謝しています。

ぶりゅー

今となっては遅いかもしれませんが、万が一会社から連絡があった場合でもおっしゃっていただければこちらから確認を取りますよ。
ただ、最終的にはストレスなく退職を迎えることができたようで何よりです。

ぶりゅー

EXITを利用して退職した後、現在は何をされているのでしょうか?

Hさん

今は某企業の人事関係の仕事に転職しましたね。

ぶりゅー

EXITから連絡をする時は基本的に人事を担当されている方への連絡になりますが、連絡がきた場合どうしますか(笑)

Hさん

本人の意思を尊重したいですね(笑)利用者側としては、言い出せなかったとか退職を認めていただけないといった利用に至った経緯が必ずあるはずなので、EXITから連絡があった場合は会社の在り方を見直すきっかけになればいいと思いますね。

ぶりゅー

今回転職された職場もお金を気にしながら選ばれましたか?

Hさん

やはりお金は大切なので気にしました。面接時に給料交渉を行い、今回退職した職場よりも少し高い給料で採用をいただきました。
前の職場よりもお金をいただけたことと、もとよりやりたかった仕事でもあったので、今回は退職をきっかけに理想の職場へ転職できたと感じています。

ぶりゅー

最後に読者の方へメッセージをお願いします。

Hさん

退職をすることは恥ずかしいことではありません。精神的に限界を迎えたり、環境を変えたいと感じたら退職をするのも手段です。実際、私は退職を重ねるごとに給料が上がったり環境が前よりもよくなっています。退職を決断したうえで、どうしても自身での退職が難しいようであれば退職代行サービスに頼ってみるのもいいと思いますね。

まとめ

社内での人事異動をきっかけに大きく職場環境が変わり、会社に行くことが申し訳ないと感じてしまうほど精神的にも体力的にも限界を迎え、退職を決意されたHさんに今回はお話を伺いました。
しかし、少しづつ退職を重ねるごとに職場環境がよくなっているHさんは退職について前向きにお話してくださいました。
キャリアアップを考えていたり、今の職場環境を変えたいという悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら退職代行EXITへ一度ご相談ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。自分の命日と自分の死に方、あなたが知りたくないのはどっちですか?私は命日派ですね。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ