インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】看護師Hさん|病棟内での人間関係は複雑!?いくら努力しても理不尽に当たられる環境に思い悩んだ決断と次へ繋げるための選択とは

高校生の頃から看護師になることを夢見ていたHさん(20代、女性)は通っていた看護学校の付属病院に新卒として入社。病棟内での複雑な人間関係に思い悩んだHさんは退職を決意。上司へ仕事の悩みを相談しても、いまいち納得のいかない答えしか返ってこないため、
退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切る。

ぶりゅー

Hさんは今回インタビューを受けていただいた理由は何かありますか?

Hさん

私が退職したのは入社してから1年足らずでした。特に同業を含めた他の業界の方でもこの記事を見て何かの後押しになればいいと思い、インタビューを受けました。

ぶりゅー

ありがとうございます。それでは以前の職場に勤めるまでの経緯から伺ってもよろしいでしょうか?

Hさん

私が入社した病院は通っていた看護学校の付属病院でした。祖母がもともとその病院でお世話になっていて、高校生の頃から看護師になることへ憧れを持っていました。
学校からそのまま付属の病院へ就職し、3年続けて勤務すると奨学金が免除になる制度もあったので入社を決めましたね。

ぶりゅー

具体的にどういったお仕事をされていたのでしょうか?

Hさん

急性期の病院の正看護師だったため、入院していた患者さんの日常的なお世話や、検査や手術時の送り迎え、緊急入院で運ばれてきた患者さんの担当をしたりなどですね。

ぶりゅー

看護師の方はそのようなお仕事をされるのですね。

Hさん

病院は違えど、基本的に看護師が行う仕事は似ています。仕事でやることは学生時代にある程度学んでいるため、就職してから看護師の仕事が嫌で辞める方はあまりいません。どちらかというと人間関係に悩んで辞める方が多いイメージです。

ぶりゅー

入社前に描いていたイメージと入社後の現実でギャップはありましたか?

Hさん

入社前にも実習で病院には何度か通っていたのでなんとなくの雰囲気は掴んでいました。ですが実習生だったこともあり、本来の病棟内での雰囲気や、私がいた時間以外で勤務されている方々の雰囲気などを知ることができていなかったので、入社後に少し驚きを感じました。

ぶりゅー

具体的にはどういったところで驚きを感じられたのでしょうか?

Hさん

命を預かる現場なので仕方ないことですが、言い方が強い人はいます。あとは勤務時間で驚きを感じましたね。日勤よりも夜勤の人数が少ないため、運ばれてくる患者さんが予定していた人数よりも多いと、新人が「教育」の名目で残業するという無言の圧力がありました。

ぶりゅー

そうなんですね。仕事をしていて楽しかったことはありますか?

Hさん

私は患者さんの話を聞くのがとても好きでした。色んな考え方や生き方を直接聞いて学べます。高齢者の方と関わる機会が多かったので、たくさんの話をすることができました。なので看護師の仕事はとても好きです。

ぶりゅー

退職を考え始めた理由はなんでしょうか?

Hさん

1番大きな理由は人間関係ですね。私の通っていた学校からそのまま付属の病院へ就職した人には基本的に当たりが強いという謎の風潮が昔からあるそうで、例に漏れず私も他の看護師の先輩から強く当たられていました。別の同期がもう1人いましたが、その人がミスをしても明らかに私へ当たるかのように怒られたり、疑われたりしてましたね。

ぶりゅー

それは苦しいですよね。

Hさん

最初は自分の実力がないからと考えて出社時間の1時間ほど前に出勤して勉強したり、残業なども積極的にして少しでも迷惑をかけないよう努力していました。ただ、途中から理不尽に当たられていることに気がつき、ここでは看護師として成長するには難しい環境だと考えたので退職を決意しました。

ぶりゅー

退職を決意されてからEXITを利用される前に何か行動はされましたか?

Hさん

退職の相談はしませんでしたが、仕事の相談は上司にしていました。
でも具体的に環境を改善しようと行動していただけなかったり、「最初はそんなもんだよ」と言いくるめられ、納得のいく解決方法は出ませんでしたね。

ぶりゅー

仕事の相談はされていたんですね。学生時代の友達や学校の先生などにも相談はされましたか?

Hさん

学校の先生にしたところ、「よくそんな続いてるね」と褒められたほどだったので、やはり私の判断は間違ってなかったとその時に確信しましたね(笑)

ぶりゅー

その言い方だと、過去にもHさんと同じように通っていた学校からそのまま付属の病院へ就職された方はすぐに辞めていたんですね。

Hさん

はい。上司は仕事の相談でさえも改善に向けて動いていただけなかったり、何とか言いくるめようとしていた様子だったため、退職の話はもっと難しくなると思いました。

ぶりゅー

EXITの退職代行サービスは何で知られましたか?

Hさん

最初は看護師を始めた時くらいにツイッターで知りました。「看護師 辛い」などで検索すると、辛い現状に思い悩む看護師さんたちが全国にたくさんいて、その中で退職代行サービスを利用して退職した人がいるというのを見ました。
まさかその時は自分が使うことになるとは思っていませんでしたが(笑)

ぶりゅー

様々な退職代行業者の中からEXITを選んでいただいた理由はなんでしょうか?

Hさん

他をあまり調べたわけではないので分からないですが、5万円で辞められるなら安いなと感じました。もう次の日から出社したくなかったので、即日対応という記載があったのも利用を決めた理由の1つですね。実際、前日の夜に問い合わせて次の日の朝には病院へ電話していただきました。

ぶりゅー

選んでいただきありがとうございました。利用される前に不安はありましたか?

Hさん

本当に退職できるかなどについてはホームページに実績が書いてあったので、不安に感じていませんでした。ただ、病院内の仕組みなどをEXITが把握しているわけではないので、どういった流れで進むかというのは不安でしたね。

ぶりゅー

退職という非常に重要なお手続きでもあるので不安になる気持ちはありますよね。実際にサービスを利用されてみていかがでしたか?

Hさん

もっと揉めてもいいかと思ったくらいスムーズで驚きました。本当にあっさりでしたね。

ぶりゅー

会社から直接連絡などありませんでしたか?

Hさん

私は利用する際に初めから病院の番号を着信拒否していたので、連絡をされてたとしても気づいていません。また、職場の連絡先を知っている方からも直接連絡などはなかったので私が困ったことはありませんでした。

ぶりゅー

何もストレスなく退職を迎えることができたようで何よりです。

ぶりゅー

EXITを利用して退職した後、現在は何をされているのでしょうか?

Hさん

再度看護師としてチャレンジできる転職先が決まり、今は入社日を待っていますね。

ぶりゅー

それはおめでたいですね!転職活動時に苦労したことはありますか?

Hさん

1年以内での退職なうえに、退職理由も人間関係などのマイナスな理由なので、どう自分を売り出すかというところが苦労しましたね。ただ、今の職場はありのままの自分を受け入れていただき、何かあれば相談してほしいと言ってくださったので安心して働けそうです。

ぶりゅー

最後に読者の方へメッセージをお願いします。

Hさん

自分の看護人生にとって学びへ繋がる選択をするために、キャリアを気にする必要はないと思います。私と同じように人間関係で悩んでいる方は、自分の実力がなくて怒られているから辛いのか、理不尽に当たられていて辛いのかを見極めてから自分の看護人生にとって次に繋がる選択をしてほしいと思いますね。

まとめ

仕事は好きだったけれども人間関係に思い悩み、退職を決意されたHさんへ今回はお話を伺いました。
自身の今後の人生にとって何が大切で何が大切でないかを見極める大切さを感じました。
様々な理由があってなかなか退職を切り出せない方や、ご自身の力だけでは退職の話を進められないという悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら退職代行EXITへ一度ご相談ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。5万円する物を買った初日に壊しました。悲しいです。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ