インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】機械設計業Uさん|退職から転職まで全てサポートしてくれました。「会社選びは慎重に」その言葉の意味に迫る

ある出来事から急遽就職活動を始めなければならない状況になったUさん(20代、男性)は大学の頃に学んでいたことに焦点を絞り、短期間で内定を獲得した。しかし、入社後に任された仕事は聞いていた内容と全然違うものだった。人事担当に退職の相談をするも引き止められ、退職代行EXIT(以下、EXIT)の利用に踏み切る。

ぶりゅー

Uさんは今回インタビューを受けていただいた理由が何かありますか?

Uさん

非常に思い詰めていた時にとてもお世話になったのが大きいです。感謝の気持ちを伝えるため、受けさせていただきました。

ぶりゅー

ありがとうございます。それでは以前の職場に勤めるまでの経緯から伺ってもよろしいでしょうか?

Uさん

大学を卒業して新卒として入社しました。もともと大学院への進学希望で入試を受けておりましたが、結果は不合格で発表が2月でした。2月からの就職活動だったために時間がなく、今まで自分が勉強していたことを活かせる仕事に焦点を絞り会社を探していました。その際に出会ったのが以前の職場で、この時期に面接をしてもらえるだけでもありがたいと感じて受けました。

ぶりゅー

浪人などの選択肢もあったかと思いますが、なぜ2ヶ月間しかない就職活動の道を選ばれたのでしょうか?

Uさん

もちろん最初は1年浪人して勉強することや就職活動することも考えました。ですが両親と相談し、家庭の経済的事情など考慮して2ヶ月間で就職活動する道を選びましたね。

ぶりゅー

そうなんですね。入社前に描いていたイメージと入社後の現実でギャップはありましたか?

Uさん

設計することを目的に入社したので、まず入社後は設計ソフトの使い方や技術面を学ぶと考えていました。ですが実際に配属された部署はお客様相談室のような部署で、主にお客様からの問い合わせやクレームなどを担当するところでした。

ぶりゅー

なぜその部署への配属だったのでしょうか?

Uさん

面接の時から設計に関わる仕事をしたい旨については話していました。ですがその部署はもともと1人しかいなかった部署で、入社したての私でも分かるほど人手不足だったからだと思います。

ぶりゅー

そうなると上司の方との相性が重要になってくるかと思いますがいかがでしたか?

Uさん

上司は横暴で激しい方だったのであまり合いませんでした。小さい会社なので同期などもおらず、年齢が近い人がいても30代の方しかいなかったので悩みを打ち明けられる環境ではなかったです。

ぶりゅー

それは辛いですね。

Uさん

そのような仕事環境なので過去の入れ替わりも激しかったようです。私のように設計を希望して入社した過去の方々にとっても非常に辛い環境だったと思いますね。

ぶりゅー

では自分の思っていた仕事と違っていた点と人間関係で悩み、退職を考え始めたのですね。

Uさん

そうですね。途中で辞めてしまうのであればもっとしっかりと会社を選べばよかったと思っています。

ぶりゅー

退職を決意されてからEXITを利用される前に何か行動はされましたか?

Uさん

まず両親に就職活動の時の判断が軽率すぎたことも含めて相談しました。大反対されるかと思いましたが意外と親身に聞いてくれ、最終的には会社のことも調べて納得してくれましたね。

ぶりゅー

やはり親御さんとしてもお子さんが幸せだと感じる人生を歩んでほしいと思っているはずですからね。
その後会社の方には相談されましたか?

Uさん

人事の方には相談をしましたが引き止められました。絵に描いたように「仕事が合わなくてもとりあえず3年は続けてほしい」と言われたため、本当にそんなこと言われるのか驚きましたね。

ぶりゅー

その後にEXITを利用されたのでしょうか?

Uさん

はい。昔EXITの代表が雑誌に掲載されていて読んだのをふと思い出し、インターネットで退職代行サービスを調べました。

ぶりゅー

少々癖の強い代表ですが不安にならなかったですか?(笑)

Uさん

見た目の癖は多少強いですが、行っていることはしっかりとしていらっしゃるので安心して利用できました。

ぶりゅー

そう感じていただけたのであれば何よりです。様々な退職代行業者の中からEXITを選んでいただいた理由はなんでしょうか?

Uさん

弁護士が運営している退職代行サービスとも比較しましたが料金が高くてなかなかすぐに支払える額ではありませんでした。他の会社を調べたところ1番上にEXITのページが出てきたのと、以前に雑誌で読んだことも思い出したので依頼しました。

ぶりゅー

選んでいただきありがとうございます。実際にEXITを利用されてみていかがでしたか?

Uさん

1番思ったのは本当に辞められるんだということですね。非常に古い体質の会社だったのでまずこのような退職代行サービスに対して理解をしてくれるかも非常に不安でした。最終的には書類や貸与物の郵送でのやりとりで済んだのでとてもすっきりしていてスムーズでしたね。

ぶりゅー

大きなストレスがなく退職を迎えることができたようで何よりです。

ぶりゅー

EXITを利用して退職した後、現在は何をされているのでしょうか?

Uさん

EXITからの転職サポート紹介から転職先が決まり、入社日まで待っている状況ですね。

ぶりゅー

それはおめでたいですね!続けて働いていただければ今回ご利用いただいた代行費用のキャッシュバック制度もあるのでぜひ頑張ってください。(※紹介の転職エージェントによる就職先で2ヶ月以上勤務することで代行費用を全額返金)

Uさん

今回はしっかりと会社を調べ、担当の方にはどの会社にするか悩むほど手厚くサポートしていただいたので本当に感謝しています。

ぶりゅー

ちなみに転職先はどういった会社になるのでしょうか?

Uさん

通信事業のインフラエンジニアで内定が決まりました。

ぶりゅー

なかなか難しそうな職業ですが、どのような仕事をされるのでしょうか?

Uさん

主にサーバー、ネットワークの設計構築や保守、運用の仕事ですね。

ぶりゅー

今後の目標などはありますか?

Uさん

近々の目標だとエンジニアの資格の取得に向けて頑張りたいと思っています。
資格を持っていても意味のない時代と言われているようですが、もし今後仮に転職活動をする機会があった時、資格は1つのステータスや証明にもなるので取っておきたいと思っています。
ひとまずキャリアをたくさん積んで色々な仕事に挑戦したいと思いますね。

ぶりゅー

最後に次のステージへ進みたい方に向けてひとことお願いします。

Uさん

退職については悩んでいる時間が大切ではないかと思います。私は半年で退職を決めましたが、それに対して早過ぎるという意見や早くてよかったという2通りの意見があります。どれだけ悩み、自分の中で納得ができる答えを出せるかが重要だと感じましたね。
あと、会社選びは慎重に…。

ぶりゅー

他の人が何と言おうと、自分の中で納得できる選択が1番ですもんね。

まとめ

今回は2ヶ月間という短い期間で就職活動を終えたUさんにお話を伺いました。
退職してから改めてたくさん悩む期間が大切であることに気がついたIさん。自分の中で納得のいく答えを出し、後悔しないことがとても大事ですね。
今この記事を見ている人の中で、自分の選んだ道が間違っているけれどもなかなか踏み出せないという方がいればEXITが後押しさせていただきますよ。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。最近ラップを始めたいなと思ってるYO!とってもかっこいいですよね。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ